麒麟がくる

とどでございます。

迷っていた覚慶さんは還俗して足利義昭になりました。朝倉を頼って越前まで来たものの、光秀が前回「将軍としてはどうかと思う」と伝えたせいで直接会うことなく半年も別の場所で留め置かれました。仮にも将軍候補なの ...

麒麟がくる

とどでございます。

理想を追い求めながらそれを実現できない自分自身に悔しさを滲ませていた足利義輝。失意の中で最期を遂げました。

光秀とは「もっと早く会いたかった」とお互いに辛い別れになりましたが、まさか討ち取ら ...

麒麟がくる

とどでございます。

義輝様の「もっと早く会いたかった!」というのは本当に悔しさが滲み出ている感じがしました。

正直、今回義輝様の最期の輝きの回かと思っていましたが、来週まで持ち越されました。どちらかというと前回 ...

麒麟がくる

とどでございます。

しばらく放送がお休みでしたが無事再開されて良かったです。

ここ最近離れていたのもあり、どこまで進んでいたかうろ覚えでしたが、織田信長が今川義元を桶狭間したところまででしたね。

あ ...

麒麟がくる

とどでございます。

コロナの影響で今回の放送でいったん停止となりましたが、戦国時代の目玉イベント、桶狭間の回でした。教科書で桶狭間の話を習うからあまり凄さを感じませんが、今川は周辺の武将にとっては絶対の強者だったので、それ ...

麒麟がくる

とどでございます。

いよいよ今川が尾張を狙ってやってきました。その先鋒を担うのはなんと家康。尾張側についている岡崎城の水野家と戦うことになると、家族で戦うことに。

そんなことは誰も望んでいないので、信長と水野は ...

麒麟がくる

とどでございます。

浪人生活で子供に勉強を教えながらゆったりとスローライフを満喫している光秀。煕子さんとの間に子供ができてテンション爆上がりのまま京都に向かっていきました。

しかし京都で待っていたのは心が折れた ...

麒麟がくる

とどでございます。

長良川の戦いで斎藤道三と斎藤高政が激突し、道三が討ち取られました。

光秀は道三サイドについたので追われる身になってしまいました。明智荘に攻めてくる高政の軍勢を叔父の光安が食い止め、その間に越 ...

麒麟がくる

とどでございます。

高政と道三が戦を始め、長良川で戦う事に。兵の数で劣る道三は、馬で駆けて高政と一騎討ちに持ち込みました。槍を持って馬で駆けていく本木さんカッコ良すぎませんかね。

このシーン、何度も「そなたの父 ...

麒麟がくる

とどでございます。

高政と道三がぶつかり合う、美濃にとってはとんでもなく大きなイベントがやってまいりました。あまり表に出さないものの、家族を大事にしていた道三が負け戦とわかっていても高政と戦をするのはよほどの覚悟ですね。