西郷どん

岩倉具視が議会軽視で自分の意見を奏上し、結果として議会決定をひっくり返した明治六年政変のエピソード回。参議を辞職した西郷さんは鹿児島に帰るつもりみたい。帰る前に木戸孝允、大久保一蔵と昔を振り返っているシーンが終わりを感じさせます。

西郷どん

なかなか帰ってこない岩倉使節団に業を煮やした留守政府は、これ以上政治の停滞は許されないと新たな政策を打ち出しました。しかし帰ってきた大久保一蔵はこれに激怒、特に土佐、肥後の面々が参議となっていたことに特に腹を立てますが、留守の間政府を ...

西郷どん

今回はまごうことなき久光様回。天子様に会って新しい国の兆候を感じた久光様は涙を流し、憑き物が落ちたかのように晴れ晴れとした顔で西郷さんを応援するようになりました。「このやっせんぼが!」と斉彬様のセリフで叱咤激励するのが熱い。

西郷どん

薩摩に帰っていた西郷さんが東京に再度戻りました。そこに待ち受けていたのは大久保一蔵と、たくあんコーヒーでした。果たしてそのお味は……!! という、これまで藩で分かれていたものを無理やり中央に集める廃藩置県がテーマの回です。

西郷どん

新章に突入して時代は明治に。明治維新でクライマックス感がありましたが、この後もゴタゴタが続きます。体制が変わった後はどうしてもすんなり移行するのは難しいですから、命がけで試行錯誤しながら新しい国を作ることになります。

西郷どん

西郷さんの弟である吉二郎は西郷家を守ってくれた人。その吉二郎も、他の兄弟のように侍として戦場に立つことを望んでいました。戊辰戦争は侍として生きていこうとした人たちが旧時代に沈んでいく戦いでもありました。

西郷どん

もう今回でエンディングでいいんじゃない? と思えるほどクライマックスなイベントである江戸無血開城が行われました。明治時代の幕開けをいつにするかは諸説ありますが、江戸城の明け渡しを以って江戸時代の終焉と捉えると自然かな。

西郷どん

幕末の功労者として西郷さんと勝先生がよく挙げられますが、この会談の下地を作ったのは山岡鉄舟です。今回は彼の剛直さと忠義が光る回でした。剣も禅も書も達人レベルだった、文武両道のさらにその上を行くすごい人だったんです。

西郷どん

とにかく慶喜の首を手に入れたい西郷さんはなんだかヤンデレめいてきました。慶喜を討つためにあの手この手で追い詰めようとする様は恐ろしかものですね。ともあれ、大政奉還に続く重要イベントである王政復古の大号令がなされました。有名な「短刀一本 ...

西郷どん

前回は割とのほほんとした話でしたが、京に戻ったらまた政治的なゴタゴタに巻き込まれる西郷さん。慶喜が将軍職に就いちゃって幕府を動かせるようになったからさぁ大変、薩摩はどんどん追い詰められることに。「もうやるしかないじゃない!」とついに武 ...